自然美と文化価値発信

自然美と文化価値発信

 山梨県が富士河口湖町船津に建設した山梨県立富士山世界遺産センター。2016年6月22日オープン。富士山の持つ多様な自然美を伝えながら、富士山の文化的価値を分かりやすく発信するのが役割。

 世界遺産センターは、既存の県立富士ビジターセンターである北館と、隣接して新たに建設された南館=写真右上で構成。南館は鉄筋コンクリート一部鉄骨造り2階建てで、延床面積は約1500平方メートル。

 展示の目玉となるのが「冨嶽三六〇(ふがくさんろくまる)」=写真右下。吉田口登山道の馬返しより上の富士山を模したオブジェで、台座は直径約15メートル、高さ約3メートル。来館者は富士山5合目の「御中道」になぞらえた2階の回廊を歩き、全方位から見学できる。壁面には富士山の地史だけでなく、伝説、芸術などもまとめた年表があり、歴史を学べる。

 冨嶽三六〇を覆う強化和紙には、さまざまな色の照明が当たり、富士山の四季や自然を再現。オブジェ正面の大型スクリーンの映像と連動し、富士山の自然と人との関わりを表現する。オブジェ内側には「胎内ビジョン」と呼ばれる3面スクリーンがあり、富士山の信仰や芸術、伝承をテーマにした映像が流れる。

 1階の床には、富士山を中心にした直径約20メートルの地図が描かれ、各地から富士山を訪れる巡礼路や世界遺産の構成資産を紹介。円形の展示空間をかたどる壁面にも、世界、日本各地の「ご当地富士」、富士山の自然史、地史などの解説を展示する。また、吉田口と大宮・村山口(富士宮口)の登山道を麓から山頂まで登る映像を短縮し、登山を疑似体験できるほか、江戸時代の登山者の日記を基に当時の登山を再現したアニメもある。

 こうした展示は約30種類に上る。より理解を深めてもらおうと、県は専用アプリを開発し、世界遺産センターでスマートフォンやタブレット端末を活用した7言語対応の展示案内、AR(拡張現実)による情報提供などのサービスを展開。入口で端末にアプリをダウンロードして、展示にかざせば、手のひらに解説や映像を得られる仕組み。最新の技術を用いて、利便性だけでなく来館者に楽しみも提供する。

 1、2階を貫く壁面には、画家山口晃さんが描くシンボル壁画「冨士北麓参詣曼荼羅」が掲げられている。横7.7メートル、縦5.4メートルの巨大壁画。日本の伝統的な大和絵の手法を取り入れた作風で、夏の富士山を山口さんの視点で表現し、その迫力は来館者を引きつける。

 南館は入館有料(一般420円、大学生210円、高校生以下は無料)で毎月第4火曜日休館。北館は入館無料で年中無休。開館時間はともに午前8時30分、閉館時間は季節により異なる。

 世界遺産センターは海外からの来館者の増加を見据え、外国人対応を強化する。多言語で全国の観光地や魅力を紹介できる体制をつくり、日本政府観光局(JNTO)が認定する、外国人観光案内所として国際空港などと肩を並べるランクの「カテゴリー3」を目指す。

 認定を受けた外国人観光案内所は全国に742施設(2015年12月現在)あり、常時、スタッフによる観光案内が可能な言語数などに応じてカテゴリー1〜3などに分類される。北館の県立富士ビジターセンターは現在、英語で対応可能なスタッフが常駐する「カテゴリー2」。同センターには中国語と韓国語が話せるスタッフがいるが、常時対応可能ではないという。

 県は世界遺産センターについて、英語に加え2カ国語で常時対応可能なほか、全国レベルの観光案内情報を提供できる「カテゴリー3」を目標に据える。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。