日本のシンボルを自動車のナンバープレートに

日本のシンボルを自動車のナンバープレートに

 地元が希望する地名などを自動車のナンバープレートに表示する「ご当地ナンバー」として、山梨、静岡両県が県境を越えて要望。国土交通省が2007年3月に導入を正式決定。全国のご当地ナンバーとして19カ所目で2008年11月4日に交付が開始された。複数県にまたがるナンバー交付は初めて。

 交付対象地域は、山梨県が富士吉田市、富士河口湖町、西桂町、鳴沢村、忍野村、山中湖村、道志村。静岡県が富士宮市、富士市、御殿場市、裾野市、小山町。

 富士山ナンバー導入をめぐっては、山梨、静岡両県が2005年5月、「国際観光振興など地域振興につながる」として、国土交通省に導入の要望書を提出したが、「複数の運輸支局にまたがらない」との原則がネックとなり一度落選した。その後、国土交通省は「富士山」表記の右側に記す分類番号で、山梨県側と静岡県側の車両を区分する方向で導入を検討。登録システム改変などの準備期間を経て、実現に至った。

 なお、125cc以下のミニバイクのナンバープレートには「富士山形」を導入している。



 交付対象12市町村は2017年10月、富士山の図柄が入ったナンバープレートの導入を決定。観光振興などを目的とした、国土交通省の地方版図柄入りナンバープレートの交付事業を利用する。両県で異なるデザインを採用する予定で、それぞれ公募。人気投票(山梨県側=2017年12月7日〜2018年1月5日、静岡県側=2017年12月11日〜2018年1月10日)を行う。投票結果を踏まえて実行委で最終決定し、2018年1月下旬に国に申請。国の審査を経て同7月に正式なデザインが決まる。交付開始は同10月ごろの見込み。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。