富士山一望トレイルレース

富士山一望トレイルレース
 山梨県忍野村で開催される、村周辺の山道を走る「富士忍野高原トレイルレース」。2010年に第1回大会を開催。主催は同レース大会実行委員会。

 コースは、山梨百名山の杓子山や二十曲峠の稜線などを走るコースで、距離ごとにロング(36.1キロ/制限時間8時間20分)、ミドル(25.4キロ/同6時間20分)、ショート(13.9キロ/同5時間)の3コース。

 いずれも忍野中学校を発着点に、富士山を一望できる標高934〜1645メートルの山道を、男女計6部門に分かれて走る。

 同村には、全国的に活躍しているトレイルランナー後藤豊さんが在住していることから、後藤さんの練習コースなどを参考にコース設定したという。

 2017年の第8回大会には2142人が参加し健脚を競った。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。