山頂気温は北極圏並み

山頂気温は北極圏並み

 富士山頂の年間平均気温は氷点下6.4度。現在の日本の最北地である北海道の稚内が6.6度、最低気温の記録を持っている旭川でも6.7度なので富士山頂の寒さは飛び抜けている。平地でこの寒さの土地を探すと、シベリアの北極圏付近の地域が相当する。

 平均気温の平年値を月別に見ると、1月の氷点下18.5度を低温のピークに、6月になって0.9度とやっとプラスに転じ、7月に4.7度まで上昇、8月に6.0度と最高になり、9月は2.7度まで低下、10月以降は再びマイナスの世界に入る。最も暖かい月の平均気温が10度以下は寒帯気候(ドイツの気候学者ケッペンの気候区分)になるから、温帯気候の日本にあっても、富士山頂は寒帯気候に属す。

 月別変化で見たように、富士山頂の平均気温がプラスになるのは1年のうち4カ月しかない。さらに、最低気温がプラスになる月は7月と8月だけ。この2カ月が気温面からも登山の最適期と言えるわけだ。

 富士山頂の最低気温の記録は1981年2月27日の氷点下38.0度。国内記録は旭川の氷点下41.0度で日本一ではない。しかし年間平均気温では富士山は旭川より約13度も低く堂々の日本一だ。その理由は山頂の空気が昼になっても暖かくならないからだ。例えば7月の最低気温と最高気温をみると、旭川が16.0度と26.0度で10度も違うのに対して、富士山は2.2度と7.3度で5.1度しか違わない。日中に気温が上がらないため、平均気温は低くなる。

 最高気温の記録は1942年8月13日の17.8度。富士山頂はまだ、気温20度を超えた日がない。

 山頂と麓の河口湖(860メートル)とは平均気温で、夏16.1度、冬17.6度の違いがある。高さ100メートル上るごとに約0.6度気温が下がっていく計算になる。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。