御朱印帳に「稚児の舞」

御朱印帳に「稚児の舞」

 山梨県富士河口湖町河口の河口浅間神社が製作した、表紙に同町の「河口の稚児の舞」が描かれたオリジナルの御朱印帳。

 御朱印帳は縦18センチ、横12センチ。表紙に、富士河口湖町在住の河本佐奈美さんが描いた、稚児の舞を奉納する女子児童の絵を入れた。背景は、緑と木目調の2色で、境内の県天然記念物「七本杉」を表現した。

 稚児の舞は、富士山の噴火を鎮めるために地域住民が奉納したとされ、500年以上前から続くといわれる。毎年4月25日の同神社の例大祭で、地元の女子児童が披露している。2017年3月に国の重要無形民俗文化財に指定された。

 税込み1500円。社務所で購入できる。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。