駿河湾から昇るご来光

駿河湾から昇るご来光

 厳粛な冷気の中、富士山から駿河湾にかけてのスカイラインがあかね色に染まる。しばらくして駿河湾から元日の日が昇り、年の最初の光が思親山(山梨県南部町、標高1031メート)の頂上に届く。手を合わせ、新しい年の幸せを祈る人たち。思親山の新年はこうして明ける。

 富士川の左岸にそびえる。山の西面は県有林。スギ、ヒノキ、の植林地で、林業の盛んな県南部でも有数の美林を誇る。

 佐野峠から登り始めると間もなく、雑木林の間から天子ケ岳の右尾根上にもう富士山が見えてくる。そして明るく開けた山頂からはむろん富士はすっきりと見え、富士市の製紙工場群、沼津市の千本松原、伊豆半島まで望める。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。