もつ鍋 燦久(さんきゅう)

もつ鍋 燦久(さんきゅう)
脂のうまみ味わえる本場・博多のもつ鍋

 「軟らかくて脂が甘い!」。本場・博多でもつ鍋を食べてその味にほれた店主・山田勉さん。「このおいしさを多くの人に知ってもらいたい」と、もつ鍋専門店などの修行を経て2014年6月に店を開いた。客層は広く、20人入れる店内は週末ともなると家族連れや若者などで埋まっていく。

 ニンニクが効いたスープにプリプリしたもつ、ニラやキャベツなど野菜をふんだんに使った「もつ鍋」は博多ではスタミナ食として名高い。同店では「しょう油」「味噌」「豆乳」の3種類(1人前1190円〜)を用意。調味料の一部を博多から取り寄せて本場の味を再現した。もつは脂の厚さと量にこだわった和牛の小腸を使用。「癖がなく脂のうまみを味わえるので(もつが)苦手な方もぜひ」と店主は話す。締めは「長浜ラーメン」(260円)がお薦め。バリカタやハリガネなどお好みの硬さを楽しんでみては。「もつ鍋」は鍋を持参した人に限りテークアウト販売もしている。

 目指すは一軒で完結する店。そのため一品料理も充実させた。中でも鮮度の高い「鮪(まぐろ)のブツ」(390円)やジャガイモとサツマイモの2種類を揚げた「ポテトフライ」(390円)が人気だ。「佐藤黒麹」(ショット560円)や「さそりライト」(ショット450円)など厳選した焼酎も手頃な値段で提供している。

 ※文中金額は税抜き(2015年1月取材)
富士山NET
住 所 山梨県富士吉田市上吉田3031−1
(ベイシアスーパーマーケット富士吉田店北側の通称・一番街)
電 話 0555(24)3955
営業時間 午後5時半〜午後10時30分(L.O) ※週末は要予約
定休日 水曜日
備 考 内容については取材時のものです。各情報は変更になっている場合があります。お店にお問い合わせをしてからお出かけください。


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。