日だまりのハイクコース

日だまりのハイクコース

 JR中央線の梁川駅から大月駅にかけて、北側に独立峰のような二つの山が並ぶ。東が扇山、西が百蔵山(大月市・標高1003メートル)。いずれも沿線の駅から直接歩いて登ることができるので、首都圏のハイカーの人気の山。南面の登山道は、初冬から春先にかけて、日だまりハイクが楽しめる。

 山裾の伝説も面白い。地名に注目。東から犬目(上野原)、鳥沢、猿橋、百蔵山(大月)。少し離れて中央線の南には九鬼山(都留)がある。いわゆる桃太郎伝説。犬、キジ(鳥)、猿、桃太郎(百蔵山)、鬼がそろう。ストーリーは全国共通だが、地名がそろっているのは珍しい。

 なだらかな山頂はアカマツ、ソメイヨシノ、ナラ類に囲まれ、雨上がりはしっとりとした雰囲気に包まれる。樹間から南には富士山や道志、上野原市の山々、北は葛野川の谷と折り重なる山稜が奥深さを感じさせる。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。