麺屋いけ麺

麺屋いけ麺
長時間煮込んだ豚骨スープが鍵

 「『いけ麺』はリズムが良くて店名にしました」と語るオーナーの三浦英明さん。ラーメン好きが高じて独自で研究を重ね、10年以上ラーメン業に従事。2011年に富士河口湖町に新たに店を構え、地元出店という夢を果たした。

 鍵を握るのが、豚の拳骨などをどの味にも合うよう約8時間煮込んだ“豚骨スープ”。種類によっては魚介系を合わせたWスープで提供する。麺は店主が吟味し県外から仕入れた特注品を使用。味の濃いスープには太麺を、あっさりしたスープには細ちぢれ麺を使う。

 初心者にお薦めなのが“いけ麺ラーメン三大将”(各700円)。豚骨魚介スープの「いけ麺ラーメン」と白湯豚骨スープのみを使う「いけ麺ラーメン白」、白湯豚骨スープにマー油(焦がしたニンニクの油)を加えた「いけ麺ラーメン黒」の3種類で、定番として親しまれている。このほか豚の背油を入れてこってり味に仕上げた「極(きわみ)」(700円※1日限定30食)も好評だ。平日は半チャーハンやギョーザなどが付いたセット(プラス200円〜)がお得。

 期間限定メニューもある。この時期は細麺の上に生野菜や豚しゃぶを載せて、自家製ごまだれとラー油をかけた「冷やし中華」(700円※写真はプラス100円で辛ネギトッピング)が登場。「サラダ感覚で食欲のないときもお薦めです」(オーナー)。8月末までなのでお忘れなく。(2015年8月取材)
富士山NET−ふじよしだ街の駅
住 所 山梨県富士河口湖町船津561−1(通称・大橋通り)
電 話 0555(72)6650
営業時間 午前11時半〜午後11時半(L.O)
定休日 不定休
備 考 内容については取材時のものです。各情報は変更になっている場合があります。お店にお問い合わせをしてからお出かけください。


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。