高村光太郎文学碑からの富士

高村光太郎文学碑からの富士

 富士川町。文学碑には「うつくしきものミつ」と光太郎直筆で書かれています。これは美しいものが3つあるという意味で、そのひとつが富士山です。光太郎はこの地を訪れた際「こんな立派な富士は初めて仰いだ」と感嘆したそうです。冬至前後から正月にかけて富士山頂から朝日が昇る「ダイヤモンド富士」が見られる絶景ポイントです。

◆アクセス
○中部横断道南アルプスICから国道52号、県道406号経由−(車約30分)−高村光太郎文学碑

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。