地名の由来は?=白糸町(しらいとまち)

地名の由来は?=白糸町(しらいとまち)
 山梨県富士吉田市上暮地の一地区名。1960年に西桂町から分離、富士吉田市へ合併した際に新屋地区を寿町とし、古屋地区を白糸町としたもの。

 白糸町には新道、久保、蟹沢(かんじゃ)、居里(いり)、日影の集落がある。日影、居里が集落として古いといわれる。町名由来は三ツ峠登山口の1つがあり白糸の滝の名勝があることによる。

 地域内にある「山の神社」の大フジは1914年に県の天然記念物となった。三ツ峠に関する伝説や源頼朝伝説が残されている地域でもある。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。