雁ケ腹摺山からの富士

雁ケ腹摺山からの富士

 大月市。標高1874メートル、山梨百名山に選定されています。旧500円札の富士としてあまりにも有名で、1942(昭和17)年に撮影したことなどを記した表示板が立っています。ここからの富士は特に山頂の形が整っていることで知られています。現在は紙幣から硬貨に変わってしまいましたが、秀麗な富士の姿は不変です。

◆アクセス
○中央自動車道大月ICから国道20号経由−(車約35分)−大峠−(徒歩約1時間)−雁ケ腹摺山

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。