地名の由来は?=倉見(くらみ)

地名の由来は?=倉見(くらみ)
 西桂町。都留市境と地続きで、桂川を前面にしている。古くは「暮見」と書かれ、夕日が山里に久しく残されるので地名となった。

 郡内小山田氏の一族と考えられる倉見新九郎の館があった所で、境にも境弾正有誠(ありまさ)の館があり、あるいは同族であったかもしれない。

 この地域は道志山塊の余派として倉見山(1256メートル)があり、ふもとには第三紀層から貝の化石が発見される。また、全国でも有数のクマガイソウの群生地として知られている。

 織物の盛んな地域である。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。