富士山の入山料・富士山保全協力金

富士山の入山料・富士山保全協力金
 世界文化遺産に登録された富士山。登山、観光などで多くの人が訪れることにより、自然環境に多大な負担がかかっている。そこで、美しい富士山を後世に引き継ぐため、環境保全や登山者の安全対策などを図る目的で、山梨・静岡両県や富士山麓の市町村などが、登山者を対象に入山料(協力金)を徴収する制度。正式名称は「富士山保全協力金」。2013年夏に試験徴収を行い、2014年夏から本格導入。

 【導入の経緯】 2008年、夏山シーズンに過去最多の登山者が訪れた一方で、ごみや登山道の破損、トイレの許容量オーバーなど自然環境への悪影響を懸念する声が上がったことを受け、議論がにわかに持ち上がった。同年9月、富士吉田市の堀内茂市長が「将来的には富士山の自然環境を保全する意味でも『入山料』を取ることも検討する必要がある」と口火を切り、横内正明山梨県知事や富士河口湖町の渡辺凱保町長も肯定的な考えを示した。

 2009年夏、堀内市長が環境保全を目的に入山料の導入について「環境保全協力金」として実現を目指す意向を示すと、11月に行なわれた富士北麓6市町村の首長会議の席上で、各市町村が導入を目指すことを確認、徴収方法や金額などを検討する協議会を立ち上げることで合意した。

 その後、富士吉田市職員によるプロジェクトチームの立ち上げ、地元自治体や関係団体の担当者による勉強会などが行なわれ、2010年4月に6市町村長と、観光業者・団体、恩賜林組合の代表、有識者など17人で構成した「富士山環境保全協力金協議会」が発足、具体的な内容の検討を始めた。

 協議会が検討している「協力金」とは、支払いはその人の意思に任せる「任意」の形をとる。全国で同じような任意の支払いを求めている例は、青森県の白神山地「暗門の滝歩道」の利用者を対象にした協力金などがある。この協力金は地元の村や県など関係団体で構成する協議会が管理し、主に歩道整備や安全看板の設置などに使われている。

 富士山では、5合目までの観光客、そこから山頂をめざす登山者など、訪れる目的はそれぞれ異なる。また、山梨県側では麓から5合目までをつなぐ富士山有料道路(富士スバルライン)は通行するのに2000円(普通車)の料金を支払う必要がある。一方で、静岡県側との連携や富士山の世界文化遺産登録との関わりなど、こうした多くの事情も踏まえた上で、入山料の金額、導入開始時期、徴収方法、使途などを検討。当初は2011年7月からの導入を目指していたが、各論で調整が難航し、導入が延期された。

 2011年10月に協議が再開。2012年1月には、山梨県を通じ、静岡県側に協議の場を設置するよう打診するも、両県での同時導入を求める意見もあったことから議論がストップ。2013年1月になって、両県知事が話し合いの場を持つ必要があるとの見解を示したことから、両県が直接協議をすることで合意。2月に関係市町村の事務担当者や観光業者らでつくる富士山世界文化遺産協議会の作業部会に協議の場を移し、両県による導入に向けた協議がスタート。6月には有識者による「富士山利用者負担専門委員会」を設置。両県とも入山料の徴収は2014年夏の本格導入を目標とし、2013年は試験徴収の形で、登山者から原則1000円を任意で徴収することを決め、実施。2014年1月の富士山世界文化遺産協議会で、本格導入を正式決定した。

 協力金の具体的な使い道については、環境トイレの新設・改修、救護所の拡充、5合目インフォメーションセンターの設置運営、安全誘導員の配置、富士山レンジャーの増員配置など11事業を設定。
富士山NET−中ノ茶屋・中の茶屋
◆2016年シーズンの実施概要・山梨県側
実施期間 2016年6月1日〜9月11日 ※支払方法により期間が異なる
対象者 富士山5合目から上(山頂方面)を目指す登山者
事前納付
支払方法
◇インターネット支払い
[受付]6月1日18:00〜
[HP=時間]
 山梨県庁のHP(http://www.pref.yamanashi.jp/fujisan/kyouryokukin0226-2.html)へ。手続き(クレジットカード決済)=24時間。
[備考]支払い完了返送メールを下記現地受付場所まで持参、提示。
◇コンビニエンスストア支払い
[受付]6月1日18:00〜
[店舗=時間]
 @セブン−イレブン(セブンチケット/チケットぴあ)=営業時間内
 Aファミリーマート(イープラス)=営業時間内
 Bローソン(ローソンチケット)=営業時間内
 CサークルKサンクス(チケットぴあ)=営業時間内
 Dミニストップ(ローソンチケット)=営業時間内
[備考]領収書を下記現地受付場所まで持参、提示。
現地徴収】
支払方法
[受付場所および受付期間=受付時間]
 @5合目総合管理センター付近
    7月1日〜9月11日9:00=24時間
 A6合目富士山安全指導センター付近
    7月1日〜9月10日=6:00〜18:00
 B富士北麓駐車場
    7月11日〜8月31日=8:00〜13:00
金 額 1,000円/1人(基本・任意
※子どもや障がい者は協力いただける範囲の金額で。
記念品 富士山保全協力者証(木札)
 富士山の間伐材を使用して作製した木札。縦5.5センチ、横4.5センチで、表は江戸時代に富士講行者が着る行衣に刷られていた「富士山牛玉」と呼ばれる図柄。吉田口登山道を表す黄色のひも付き。
備 考 ◇山梨県では、ツアーなど団体用に、県が発行する納付書により事前に協力金を支払うことができる「団体用事前納付」を受け付ける。問い合わせは山梨県観光部観光資源課まで。
◇静岡県側の登山道でも実施。実施期間、支払場所、記念品のデザインなどは異なる。
2016年6月現在

富士山NET−中ノ茶屋・中の茶屋
◆富士山保全協力金の実施結果
年度 実施期間 協力者数 金額 協力率 備考
2013 7月25日〜8月3日 19,339人 19,157,950円 68.3 試験徴収
2014 6月20日〜9月14日 116,184人 114,353,116円 55.8%
2015 6月1日〜9月15日 71,796人 71,041,820円 42.6%
山梨県側(2014年度以降は事前納付を含む)


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。