富士吉田・忍野八海・山中湖を周遊するバス

富士吉田・忍野八海・山中湖を周遊するバス
 富士急バスが運行している、富士吉田・忍野八海・山中湖を周遊するバス「ふじっ湖号」。

 2000年7月、山中湖村の花の都公園フローラルドーム「ふらら」のオープンに合わせて、同村内の観光スポットを周遊するバス「ぐるりん山中湖号」として運行開始。高速バスが到着する富士急旭日丘ターミナルを拠点に、文学の森公園や2つの村営温泉、花の都公園などに停留所を設けて山中湖を左回りで周遊、1日6便を運行した。

 2007年7月、運行ルートの拡大に伴い、富士吉田市と忍野村、山中湖村を結ぶ路線として新たに開業。同年9月、それまでは富士急バスで所有する既存の車両で運行してきたが、観光客の利用が見込まれることや、高齢者にも乗車しやすい配慮を施すために新型車両を導入、愛称も「ふじっ湖号」に変更された。

 現在は、富士急行線河口湖駅と山中湖畔平野を往復するルートで運行。山中湖では、富士山山中湖(ホテルマウント富士入口)バス停と山中湖平野バス停を分岐点に、山中湖を旭日丘方面へ向かう路線と長池方面へ向かう路線の2路線がある。いずれの路線も富士山駅、富士山レーダードーム館、忍野八海、花の都公園、紅富士の湯、石割の湯などを経由する。

 1日11往復運行。運賃は、各停留所区間ごとの運賃設定のほかに、2日間乗り降り自由の「富士吉田・忍野・山中湖エリア共通フリークーポン」がある。クーポンを提示すると入場料金が割引となる施設がある。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。