シフォンケーキ「ふじフォン」

シフォンケーキ「ふじフォン」
 山梨県富士吉田市大明見に店を構えるシフォンケーキ専門店「シフォン富士」の看板商品である、市内から望む雄大な富士山をかたどったシフォンケーキ。

 「シフォン富士」は2004(平成16)年にオープン。翌年に「富士吉田らしい特色あるケーキ」をつくろうと、「ふじフォン」を考案した。

 富士山の山容をしたケーキ型は、地元の製鉄所に特注した店オリジナルのもの。焼き加減や分量を見極めるため試行錯誤を繰り返し、納得のいく富士山型のシフォンケーキを作り上げた。“山頂”には冠雪をイメージさせる粉砂糖を振りかけている。

 安心して食べてもらいたいとの配慮から、忍野の卵や朝霧高原の牛乳など、地元産の厳選した素材を使用している。

 発売当初は1サイズだったが、現在では4〜5人分の「ふじフォン小」から22〜24人分の「スーパーふじフォン大」の5サイズ(一部のサイズは要予約)を揃える。種類も定番のプレーンをはじめ、バナナ、紅茶、抹茶、チョコ、小豆、オレンジなどのフレーバーもある。土産物として、また結婚式の引き出物などの縁起物としても人気が高い。
富士山NET−ふじフォン
ふじフォン


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。