地名の由来は?=忍草(しぼくさ)

地名の由来は?=忍草(しぼくさ)
 山梨県忍野村の大字。忍野村誌などによると、1582−98年の太閤検地では渋草(しぶくさ)と表記されている。

 渋るとは通じが悪い、流れが悪いという意味から湿地を意味するといわれる。湿地や樹陰に密生している草の多い土地という渋草が、時間がたつにつれ忍草に変わったとされる。

 また、和名を「フツキソウ」といい、地区でシボクサと呼んでいる草がある。今も忍草の浅間神社付近に多く見られる。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。