富士山世界文化遺産・構成資産 『河口湖』

富士山世界文化遺産・構成資産 『河口湖』

 山梨県富士河口湖町。富士講信者が水行などを行った、信仰対象の巡礼地となった湖の一つ。富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、唯一、島(うの島)を抱える。水深は最深部で14.6メートル、面積は5.7平方キロ。

 河口湖大橋東側の湖岸沿いに多くのホテルや旅館、観光施設が立ち並ぶ県内有数の観光地。夏の観光シーズンには釣りやモーターボート、水上バイクなどのレジャー客でにぎわう。

 風光明媚な景観から、多くの文学、絵画作品の舞台となった。河口湖に映る逆さ富士を描いた葛飾北斎の「甲州三坂水面」や、歌川広重の「甲斐御坂越」などがある。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。