富士山世界文化遺産・構成資産 『船津胎内樹型』

富士山世界文化遺産・構成資産 『船津胎内樹型』

 山梨県富士河口湖町。937(承平7)年の富士山噴火の際に流出した溶岩が樹木を取り込み、その後冷えてできたとされる。1617年に長谷川角行が富士登拝した際に洞穴を発見、内部に浅間大神をまつった。73年に富士講信者が現在の船津胎内樹型を見つけた。最も広いところで幅2.8メートル、高さ1.2メートル。国の天然記念物に指定されている。

 主に「母の胎内」「父の胎内」と呼ばれる二つの樹型からなる。「母の胎内」の奥には、富士山の祭神である木花開耶姫がまつられている。

 富士山信仰では胎内に入り、外に出ることで生まれ変わるとされている。富士講信者は富士登山前に胎内樹型を訪れ、洞内を巡って身を清めた。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。