窓ガラス飛散を防止

窓ガラス飛散を防止
 富士山吉田口旅館組合が噴火に備え、山小屋の窓ガラスに飛散防止のフィルムを貼る作業を行っている。

 2016年の夏には3軒に施し、将来的にはすべての山小屋に設置する計画。費用は、富士山保全協力金(入山料)を充てる。

 富士吉田市が進める火山防災対策の一環で、噴火した際の噴石や震動で室内に窓ガラスが飛び散ることを防ぎ、宿泊者の安全を確保する。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。