富士山登山認定書

富士山登山認定書
 山梨県富士吉田市が、富士山吉田口登山道(吉田ルート)を麓から山頂まで登った登山者を対象に発行している公式登山認定書。発行数は2011年が347件、12年が357件、13年が371件と年々増加している。

 認定書の申請書は吉田口登山道1合目手前の馬返し「お休み処」(営業期間・時間は要確認)で配布。申請には、剣ケ峰や富士山頂上浅間大社奥宮の石碑など富士山頂とわかるものと申請者本人が写った写真が必要。申請書と写真を認定書発行場所で提示、提出すると、スタッフが写真確認の上で申請書を受理し、登録番号入りの登山認定書が発行される。

 認定書発行場所は、
 (1)ふじよしだ観光振興サービス[道の駅富士吉田案内所]
 (2)富士山世界文化遺産 金鳥居インフォメーションセンター[富士吉田市上吉田]
 (3)富士吉田市観光案内所[富士急行線富士山駅隣接]
の3カ所。また後日、申請書と写真を郵送して提出する場合は、「(財)ふじよしだ観光振興サービス 富士登山認定書係」に送付する(提出期限に注意)。

 気象状況により「お休み処」が開設されない日、また開設時間外で申請書が手に入らない場合は、申請者が馬返しを通過したことが確認できる写真を提出することで申請が可能になる。

  2016年は、申請書の配布が7月1日〜9月10日、申請書の受付・認定書の発行が7月1日〜9月30日となっている。

 また、2014年シーズンから認定者をウェブサイト「富士山ガイド.com」で紹介している。

 問い合わせは(財)ふじよしだ観光振興サービス、電話0555(21)1000。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。