世界遺産楽しむバス運行

世界遺産楽しむバス運行
 富士急山梨バス(本社・山梨県富士河口湖町)が、2013年7月から運行している、世界文化遺産・富士山の構成資産を中心に巡る「富士山世界遺産ループバス」

 現在は、富士急行線の河口湖駅を発着点とし、河口浅間神社、忍野八海、北口本宮冨士浅間神社、旧外川家住宅の4カ所の構成資産を巡るほか、遊覧船・ロープウェイ入口、忠霊塔(新倉山浅間公園)入口、忍野しのびの里、富士山駅などを経由。

 バスの中では富士山や構成資産を紹介する映像が流れる。

 所要時間は1周62分。河口湖駅発9時半〜17時(12月1日〜3月31日は9時半〜15時半)の間に90分間隔で運行。各停留所間の区間運賃での利用のほか、2日間乗降自由なフリークーポンもある。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。