地名の由来は?=鳴沢(なるさわ)

地名の由来は?=鳴沢(なるさわ)
 山梨県鳴沢村。鳴沢の地名は、「万葉集」や「続古今集」で詠まれており、かなり古い時代に誕生していたとみられる。

 地名の由来は諸説がある。鳴沢村によると、
 (1)鳴沢とは鳴沙のことで、富士山から転がり落ちる砂の音が雷鳴のように聞こえたため
 (2)富士山から吹き下ろす季節風「ナライ」の吹き抜ける沢という意味
 (3)昔は村内に川が流れていて、その川音からつけられた−など。

 同村には「ジラゴンノ」という変わった字名がある。富士山周辺には野原を示す「〇〇今野」という地名が多くあり、吹き出した溶岩の白さの「シロ」が「ジラ」に変わり、「ジラゴンノ」となった説や、鳴沢の開拓者とされる「次郎権現野(ジロウゴンゲンノ)」がなまったなど説は多い。

 また富士山の山梨側行政区域で、最も広い面積を占めるのが鳴沢村。字で「富士山」という地名もある。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。