小中学生向けに「吉田の火祭り」解説

小中学生向けに「吉田の火祭り」解説

 山梨県富士吉田市のふじさんミュージアム(富士吉田市歴史民俗博物館)が発行した、「吉田の火祭り」を小中学生向けに分かりやすく解説したガイドブック「吉田の火祭のヒミツ」

 吉田の火祭りは、国の重要無形民俗文化財に指定されている富士吉田市上吉田の北口本宮冨士浅間神社と同神社境内の諏訪神社の例大祭。富士山の山じまいの祭りとして毎年8月26、27の両日に開催。表通りで約90のたいまつが燃やされ、日本三奇祭の一つに数えられている。

 ガイドブックでは、400年以上の歴史を誇る歴史や、たいまつを燃やす由来ともされる木花開耶姫(このはなさくやひめ)が火中で出産した伝説などを紹介。また、26日の宵祭りと27日の本祭りの流れを写真とともに時系列にまとめたほか、御輿(みこし)の通るルートを掲載している。

 2012年6月発行。オールカラーA5判。同館で1部100円で販売。問い合わせは同館、電話0555(24)2411。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。