観光客誘致へ3県が共同施策

観光客誘致へ3県が共同施策

 2007年10月、山梨、静岡、神奈川の3県知事が共通する課題について協議する「山静神サミット」において、富士山を中心とした3県エリア内にある多彩な観光資源を活用しながら国内観光客誘致の実施に向け、3県が共同で取り組むべき施策を集約、整理した「富士山ライジングプロジェクト」を策定することに合意。2009年9月、事業の実施主体となる「富士山ライジングプロジェクト実行委員会」を設置した。

 実行委員会は3県と、(社)やまなし観光推進機構、(社)静岡県観光協会、(社)神奈川県観光協会で構成。事務局を神奈川県商工労働部商業観光流通課観光室に置く。

 これまでに、1県につき1日をかけて巡り、2泊3日の日程で3県の観光地を周遊する観光モデルコースを設定、冊子にまとめた「ぐるっと富士山ドライブナビ」=写真=の発行や、名古屋、大阪などでのプロモーション活動を展開。2011年7月には、関西地区の旅行業者を招き、観光地の見学会、商談会を開催した。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。