富士北麓の花き生産振興推進

富士北麓の花き生産振興推進
 山梨県の富士北麓、富士吉田市や富士河口湖町など8市町村の花き生産農家で組織する団体。1997年3月設立。

 花を市場に出荷しているほか、自治体の委託を受けて地域の植花活動に取り組んでいる。毎年「地産地消花フェア」を開催し多くの花の苗を展示販売する。また2009年度から、植物の栽培体験を通じ子どもたちに豊かな心をはぐくんでもらおうと、花育活動にも取り組む。

 地域性、市場性から有利なビオラ、アッサムニオイザクラ、ミニコチョウラン、ワレモコウなどを重点品目として栽培。また経営安定へ(1)花壇苗+野菜(2)花壇苗+鉢花(3)花壇苗主体―の3タイプを基本的な農業形態とし、適地適作を最優先して過剰投資することなく少量他品目生産を実践しているのも特徴。

 2016年には、同協議会の「アッサムニオイザクラ研究会」が、第48回山日YBS農業賞を受賞。県が開発したアッサムニオイザクラの高品質な鉢花栽培技術を確立するとともに、需要が膨らむ敬老の日に照準を合わせた栽培マニュアルをまとめ、富士北麓地域を日本一の産地に育成。品種開発にも積極的に取り組み、競争力を強化している。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。