富士山と旭岳の初冠雪

富士山と旭岳の初冠雪
 季節の便りのひとつ、山々に冬の訪れを告げる「初冠雪」。その年の気象の目安ともされ、各地の気象台や測候所が地元の山について観測し発表しているが、新聞やテレビの全国ニュースでもよく耳にするのが、富士山と北海道の大雪山系旭岳の初冠雪である。

 初冠雪とは、その年の山頂での1日の平均気温が1年で最も高い日以降で、「対象とする山の一部が雪などの固形降水により白くなった状態を、地元の気象台や測候所から初めて観測できたとき」とされていて、「初雪」とその観測方法が異なる。また雪などが実際に降った当日とも異なる場合もある。

 富士山は甲府地方気象台が1894(明治27)年から、旭岳は旭川地方気象台が1888(明治21)年からそれぞれ観測している。それによると、最早(最も早い観測日)こそ富士山の方が早いが、平年値、最晩(最も遅い観測日)は旭岳の方が早い。2000年以降でも、富士山の初冠雪が早かった年は3回。そのうち2012年は、富士山が9月12日だったのに対し、旭岳は10月14日(観測史上2番目に遅い記録)と1カ月以上も遅い観測だった。ちなみに麓の旭川ではこの年、真夏日となった日が最も遅い日(9月18日=32.9度)を記録している。

 なお、甲府地方気象台では、南アルプス・甲斐駒ケ岳(標高2967メートル)についても、1928(昭和3)から初冠雪の観測を行っている。平年値は10月27日。これまでに、富士山と同じ日に観測されたことはあるが、富士山より早く観測された日はない。

 みなさんがお住まいの地域では、冬の訪れを告げる「山」は何ですか?
富士山NET−富士山と旭岳の初冠雪
富士山 旭岳
平年値 9月30日 9月25日
最 早 8月9日 (2008年) 9月6日 (1925年)
最 晩 10月26日
 (1956年、2016年)
10月15日 (2004年)

2000年 9月4日 10月6日
2001年 9月22日 9月20日
2002年 9月27日 9月24日
2003年 10月6日 9月21日
2004年 10月21日 10月15日
2005年 10月11日 9月21日
2006年 10月7日 9月23日
2007年 10月6日 9月25日
2008年 8月9日 9月24日
2009年 10月7日 9月12日
2010年 9月25日 9月22日
2011年 9月24日 9月22日
2012年 9月12日 10月14日
2013年 10月19日 9月19日
2014年 10月16日 9月16日
2015年 10月11日 9月29日
2016年 10月26日 9月29日
(山梨日日新聞社総合データベース、気象台報道発表資料より)


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。