1949(昭和24)年11月3日付

1949(昭和24)年11月3日付
『国体富士登山 無事に終わる』

 国体登山第3日目の2日、富士には珍しくこの日も快晴が続き前日ABC3班の登頂成功の後をうけ午前6時半前日見学班として8合5勺までしか行かなかった31名が登頂に出発、12時過ぎ登頂に成功、午後3時5合目に帰着した、ついでABC3班は午前8時出発7合3勺付近に設置された明大パーテーの天幕付近で冬季登山の訓練を開始、雪上の歩き方、足場切り、ザイルさばきをはじめスリップ(墜落)した場合の止め方、グリセードの練習などを行いさらに進んでイグルー(雪小屋)雪洞、冬季幕営の練習を行い午後3時半5合目小屋に帰着した、これで国体山岳部門の富士山における一切の行事は1名の事故もなく成功裏に終わり、精進口に下山しバスで河口湖を経て御坂峠で昼食ののち午後2時半には甲府に到着、県会議事堂で行われる閉会式にのぞむ。【当時の紙面から】

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。