1970(昭和45)年1月11日付

1970(昭和45)年1月11日付
『富士山にベレー帽 9年ぶり“離れかさ雲”』

 富士にかさ雲−10日午前11時ごろから富士山にかさ雲が出た。初めは、雲と山頂が離れていたが、だんだん山頂をおおうようになった。

 河口湖測候所の話では“離れかさ雲”が見えたのは昭和36年12月13日以来のことだという。かさ雲は天気が悪くなる時と天気がよくなる時の2種類あるがこの日は「天気が悪くなるかさ雲ではなかった」そうだ。

 富士山が、ちょこんと白いベレー帽をかぶったようなこの9年ぶりの“離れかさ雲”を冬休み中の登校日で、学校帰りの子供たちも足を止めて、見上げていた。午後2時すぎには、雲が8合目以上ぐらいをおおってしまい、かさ雲ではなくなった。【当時の紙面から】

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。