新宿−河口湖間の新設特急

新宿−河口湖間の新設特急
 JR東日本が2019年3月16日のダイヤ改正で新設した中央線の新宿(東京)と富士急行線の河口湖を結ぶ特急列車「富士回遊」。世界文化遺産の富士山や、山麓の河口湖を周遊する旅行者向けの列車であることを前面に打ち出す。来訪が多い中国や台湾からの旅行者にも分かりやすいように漢字だけの名称にした。

 「富士回遊」は主にJR東日本の新型車両E353系で毎日運行し、1日に2往復、土曜、休日は臨時列車として1往復増便。新宿と甲府を結ぶ特急「かいじ」に連結させ、新宿発の列車は大月で一部を切り離し、富士急行線内を走る。停車駅は、JR中央線内が新宿、立川、八王子、大月の各駅。富士急行線内が都留文科大学前、富士山 - 富士急ハイランド - 河口湖の各駅。

 富士急行線に直通で乗り入れるため、新宿−河口湖間は、乗り換え時間を含めて約30分の短縮となり、最速1時間52分で結ぶ。

 2019年8月〜9月の夏季期間は、平日にも1往復増便。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。