地名の由来は?=月夜野(つきよの)

地名の由来は?=月夜野(つきよの)
 山梨県道志村。道志七里の最東端、両国橋で神奈川県に接している。標高400メートルの道志川左岸段丘上にある地区。山と山に挟まれた道志村にあって、月夜野は特別に空が広い。東に視界が開け当地から見る月の美しさは格別で、これが地名の由来としている。

 古く郡内領から甲相国境を経て津久井への往還が通り、口留番所があった。1955年ごろまで炭焼きが盛んだった。現在は果実栽培が盛ん。大室神社、薬師堂、キャンプ場(道志渓谷、月夜野、両国橋)などがある。 

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。