新免一五坊

新免一五坊
(しんめんいちごぼう)

 1879(明治12)―1941(昭和16)年。岡山県英田郡大野村生まれ。本名睦之助。正岡子規門下の俳歌人。

 1895(明治28)年、東京小石川哲学館入学。1898(明治31)年、子規を根岸庵に訪ね根岸短歌会、菊十句会などに出席。この間伊藤左千夫、岡麓、長塚節らと交流した。1901(明治34)年、明見村(富士吉田市大明見)に移り住んだ。1902(明治35)年、病む子規に桂川のヤマメを送りこれが子規の長歌となって「病牀六尺」に掲載された。「なまよみの かひのやまめは ぬばたまの夜ぶのあみに三つ入りぬ その三つみなを わにおくりこし」。谷村町、忍野村などに居を変え甲州在住約4年、1905(明治38)年、兵庫県佐用村の藤木かたと結婚、山梨を離れた。以後藤木姓を名のる。離県後は岡山、北海道の教員生活を経て1934(昭和9)年、郷里岡山に帰り俳句結社朝霧吟社を指導したが昭和16年兵庫県で没した。62歳。

 岡山県大原町川上霊山寺に句碑、佐用町朝日丘に歌碑がある。1974(昭和49)年、子規のやまめの歌は歌人土屋文明の揮ごうを得、柏木白雨(地元の俳人、故人)により歌碑として富士吉田市深山の桂川河畔に建てられた。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。