増田誠と富士

増田誠と富士
 洋画家・増田誠(1920−1989年)は、都留市下谷に生まれた。谷村尋常高等小、旧制都留中(現・都留高)を卒業し、終戦後は、北海道釧路市に移り住んで看板業を営みながら、洋画家の上野山清貢(1889−1960年)に師事。一線美術会に所属し、絵画の研さんに努めた。

 1957(昭和32)年に、単身でフランスに渡り、以後32年間、パリを拠点に意欲的に創作活動を続けた。パリのさりげない日常生活や場所、飾り気のない人々を愛し、人間味あふれる独特の画風を確立。特に水の描写を得意とした。

 フランス在住時には「サロン・ナショナル・デ・ボザール」をはじめ、同国内のさまざまな美術賞を受賞。国際画家として不動の地位を築き、1989(平成元)年には都留市の名誉市民第1号となった。

 日本国内では1970(昭和45)年から、都内の百貨店で個展を通算15回、また、1987(同62)年には、都留市で「増田誠絵画展」を開催。没後の1992(平成4)年には、都留市中央に増田の絵画作品や資料の収集、管理、公開を行う「増田誠美術館」が開館した。

 増田自身、「ふるさとの思い出の中にはいつも富士山があった」と語ったように、晩年は「富士」や「城山よりの富士」(いずれも増田誠美術館蔵)など、ふるさとの都留市から見た富士山を描いた作品を数多く残した。
富士山NET−山梨リニア実験線のあゆみ
年 譜
1920年 5月、谷村町下谷で理容店を営む増田清治郎とかねの次男として出生
1938年 吉田尋常高等小の代用教員に。上吉田に下宿
1941年 陸軍に徴兵入隊
1945年 北海道清水町で入植農業に就く
1950年 釧路市に光工芸社を設立。画業の傍ら、看板業にいそしむ。光工芸社近くに宿泊中の画家・上野山清貢の影響を受ける
1952年 第2回一線美術展出品、会友となる
1955年 上野山清貢より世界一周旅行の同行を勧められパリ遊学を決心(上野山が病に倒れ世界一周旅行は中断)
1956年 光工芸社売却。渡仏準備のため上京、西荻窪に下宿
1957年 渡仏。パリ国立大学都市日本館に落ち着く
1958年 サロン・デ・ザンデパンダン出品。彫刻家ザボのアトリエに転居(その後、モンパルナスのホテル・リベリアに5年ほど滞在)
モランタン画廊(パリ)と買取契約を結ぶ
1960年 ポントワーズ市展に招待出品。ポントワーズ芸術会員になる
ヴィルヌーヴ=シュル=ロット市展招待出品、グランプリ受賞
シェルブール国際展招待出品、グランプリ受賞
「現代大家と新進作家展」カンヌ展招待出品。彫刻家ザッキンと親交を結ぶ
1961年 白木屋(東京)で「増田誠滞欧作品展」
サロン・ボジオ(モナコ・モンテカルロ)招待出品、2等賞受賞
1963年 ル・サロン展(フランス芸術アカデミー主催)出品、銀賞受賞
サロン・ドートンヌ出品。本展後にサロン・ドートンヌ会員に推挙
1964年 ル・サロン・アンテルナショナル・パリ=シュド出品、名誉賞受賞
1965年 サロン・ナショナル・デ・ボザール出品、会員に推挙
造形画廊と大丸東京店美術画廊で造形画廊主催の個展「増田誠滞欧作品展」開催
ル・サロン展に「パリ中央市場」2点を出品、金賞受賞。ル・サロン無鑑査となる
ラ・ソシエテ・デ・ザミ・ド・コンフラン招待出品、桂樹賞受賞
1967年 ル・サロン・アンテルナショナル・パリ=シュド出品。「ル・トレポー」でゴーギャン賞受賞
1970年 小田急百貨店(東京)で第1回個展「パリの異彩 増田誠展」開催(88年まで15回にわたり個展開催)
一線美術展出品、20周年記念グランプリ受賞
富士吉田市市民会館壁画原画制作
ル・サロン・アンテルナショナル・パリ=シュド出品。金賞受賞
1973年 サロン・ナショナル・デ・ボザールの審査員に
ル・サロン・アンテルナショナル・パリ=シュドの審査員に
1976年 ユマニテ・ド・フランスより銀賞受賞
1980年 「増田誠画集」刊行
1982年 山梨文化会館(甲府)で個展開催
1988年 富士山を描くため、富士河口湖町に滞在
1989年 4月、肺炎のため死去(68歳)


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。