「細雪」で情景を描写

「細雪」で情景を描写
 河口湖畔のホテルに滞在して「細雪」を執筆した谷崎潤一郎(1886−1965年)にちなんで山梨県勝山村(現・富士河口湖町)が1996年に建立した文学碑。

 谷崎は1942年秋、二女の恵美子さんと一緒に村内の富士ビューホテルに滞在。当時の河口湖のイメージを「細雪」の中で描写したという。

 「細雪」の一節「何處か日本の國でない遠い所へ来たやうな氣がしたが−(中略)−炭酸水を喫するやうな心持であたりの空氣を胸一杯吸った」が谷崎の直筆通り刻まれている。

 碑は河口湖・寄ケ崎の先端に建てられ、高さが台座を含めて1.65メートル、横1.8メートル。南アフリカ産のみかげ石を使い、本を開いた形のデザインとなっている。
富士山NET−谷崎潤一郎文学碑
谷崎潤一郎文学碑


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。