かがり火揺れる幽玄の世界

かがり火揺れる幽玄の世界

 山梨県富士吉田市の「富士吉田梅若薪能」は、日本の伝統芸能に親しんでもらおうと開かれる同市の夏の風物詩。

 北口本宮冨士浅間神社の神楽殿を舞台に、周辺にかがり火をともした幽玄な雰囲気の中、能や狂言が演じられる。

 初開催は1972年。39回目開催の2017年は、人間国宝の能楽師梅若玄祥さん、狂言師の山本東次郎さんらが出演。能は「吉野天人」と「野守」、狂言は「附子」を披露した。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。