信仰をしのばせる石仏座像群

信仰をしのばせる石仏座像群

 古くは信仰の山と知られた三ツ峠山。登山道の屏風岩の手前に、近郷の信者が文久年間(1861−63年)に祭った「八十八大師の石仏座像群」。

 弘法大師が四国の88カ所を霊地と定めたが、江戸時代各地で四国遍路にかえ、88体の弘法大師像をあててお参りをした。遠くて参拝できない人のため、代わりに設置したという。仏像の顔はすべて異なる。

 石材もこの付近では産出せず、遠方より運ばれてきたとみられ、信仰の深さが感じられる。中央に1塔にまとめた「遍照金剛八十八躰施主現当二世安全」の石碑が建ててある。

 現在は風化などによって数が減っているというが、登山者に八十八大師に親しんでもらおうと、地域住民らが石仏にエプロンをかける作業を行っている。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。