「ずらし登山」を呼び掛け

「ずらし登山」を呼び掛け
 環境省富士五湖自然保護官事務所などは、富士登山を安全で快適にしてもらおうと、「ずらし登山」を呼び掛けている。多くの登山者が山頂で御来光を拝もうと、登山道の渋滞が発生している現状を踏まえ、朝日を眺望する場所を“ずらす”など、五つの「ずらし」を推奨している。

 御来光については、山頂に登山者が集中し、登山道が渋滞して事故につながる危険があるとして、別の場所で眺めるよう提案。吉田口登山道は5合目以上であれば昇る朝日を眺めることができる。

 また、登山する時期や曜日、時間をずらすことも安全、快適な登山につながるとしている。例年、7月下旬から8月のお盆の時期までがピークになることから、盆以降の登山を勧めている。このほか、登山者の集中を避けるために午前9〜10時ごろに5合目を出発することや、週末を避けることを呼び掛けている。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。