富士を彩る植物・厚く大きな葉が特徴

富士を彩る植物・厚く大きな葉が特徴
 フジアザミは日本に自生しているアザミの中で、葉の長さや花の大きさが最大級。キク科の多年草で、和名は「富士薊」。名前の通り富士山周辺に多い。富士山では御中道付近の砂れき地でよく見掛ける。

 長さ50センチを超える厚く大きな葉が特徴で、縁は鋭くとげ状になっている。花は紅紫色で10センチ近くになり、太い茎の上部に下向きに付く。

 山梨県内では富士山周辺のほか、金峰山、八ケ岳、南アルプスの標高1000メートル付近の河原や崩壊地にも分布。富士山麓の籠坂峠にはシロバナフジアザミも見られる。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。