富士の文化を映像で体感

富士の文化を映像で体感
 山梨県富士吉田市上吉田。1979年に「富士吉田市郷土館」として開館。その後増改築を行い、1993年4月に「富士吉田市歴史民俗博物館」として開館。2015年4月に再度の改修工事を終え、リニューアルオープンした。リニューアルに伴い、愛称「ふじさんミュージアム」とロゴマークが決まった。

 同館は「見て、体験して、利用する」施設として、最新の映像技術を駆使し、富士山の歴史や信仰などを解説。館内は常設展示室、企画展示室、学習室、展望室などなどからなる。

 展示でひときわ目を引くのが、2000分の1のサイズの富士山模型とスクリーンに映像を投影する「ヘリテージ富士」=写真左下。高所からの目線で富士山の四季を体感したり、噴火の歴史や世界文化遺産の構成資産を学んだりできる。

 富士山信仰の起源と変遷、上吉田地区の御師町、吉田の火祭りなどのテーマごとの展示でも、映像を使って富士山信仰の歴史や文化を疑似体験できるよう工夫。富士山噴火とともに人々が生活を営んだ縄文から平安時代の歴史、織物文化などを紹介するコーナーもある。

 今昔の富士登山の様子を紹介するタッチパネルなどもある。富士山に関するトピックスなどについて、映像で疑似体験しながら学ぶことができる。

 写真展や町内の遺跡で発掘された出土物の展示など、年間を通じて様々な企画展や講座も開かれる。さらに、図録や叢書などの出版も行っている。

 施設のバリアフリーやユニバーサル化にも取り組み、映像の解説には手話が流れるようにした。展示の説明には英語併記を進めていて、日本語と英語の音声ガイドも導入した。ロビーでは、富士山関連グッズやネクタイなどの地場産品を販売する。

 なお、附属施設として敷地内には、国指定重要文化財の小佐野家住宅を復元した「御師住宅」のほか、県指定文化財の「旧宮下家住宅」と市指定文化財の「旧武藤家住宅」が移築されている。また、上吉田3丁目にある国指定重要文化財の「御師 旧外川家住宅」も附属施設である。
富士山NET−富士吉田市歴史民俗博物館
インフォメーション
所 在 地 山梨県富士吉田市上吉田2288−1
開館時間 9:30〜17:00 (入館受付は16:30まで)
休 館 日 火曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(日曜・祝日の場合は開館)、年末年始
入 館 料 大人400円/小中高生200円
アクセス 【電車・バス】
◇富士急行線富士山駅から路線バス山中湖方面行きで「サンパーク富士」下車、徒歩約1分
【車】
◇中央自動車道河口湖ICから国道139号、138号を山中湖方面へ約10分
◇東富士五湖道路山中湖ICから国道138号を河口湖方面へ約10分
電  話 0555(24)2411

富士吉田市歴史民俗博物館


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。