山頂へ“最後の関門”

山頂へ“最後の関門”

 「富士山剣ケ峰」−。こう記された標柱が立つ場所こそが、富士山の本当の山頂、3776メートルの地点。剣ケ峰を目指す上で、登山者にとって“最後の関門”となるのが、「馬の背」と呼ばれる急斜面。

 馬の背は吉田口登山道の頂上から時計回りにお鉢巡りをすると、剣ケ峰の手前にある急傾斜の道。登山道の左右が崖のようになり馬の背に似た形状をしていて、岩盤の上に砂利が載っているためとても滑りやすい。

 見上げると、まさに壁のような印象。日本最高地点に思いをはせる登山者が続々と登っていく。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。