見事なブナ林と富士、河口湖の眺望

見事なブナ林と富士、河口湖の眺望
 山梨県笛吹市、富士河口湖町の境界に位置する「黒岳(くろだけ)」。標高1793メートル。御坂山塊は、富士五湖を挟んで富士山を北から取り囲むようにそびえている。三ツ峠山から西へ御坂山、黒岳、破風山、節刀ケ岳、十二ケ岳、鬼ケ岳、王岳と、1600−1700メートルの峰が続く。山旅の間中、南には常に富士山が長い裾を引き、足下には富士五湖の青い湖水。黒岳はこの山塊の最高峰。

 大きくどっしりとした山容は山塊の盟主にふさわしい。深い樹林に覆われ、山全体が黒っぽく見えることから山の名前が付いたという。

 植物の豊富なことで知られ、特に稜線から山頂付近のブナの原生林は見事。北西の山麓、笛吹市芦川町にはスズランの群生地が広がる。山頂南側に富士山と河口湖が一望できる展望台がある。

 旧御坂トンネル東側にある太宰治ゆかりの天下茶屋。近くには有名な「富士には月見草がよく似合ふ」の文学碑。ここが黒岳への出発点となる。
富士山NET−黒岳
黒岳


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。