樹海と富士山の展望台

樹海と富士山の展望台
 青木ケ原樹海の北端にこんもりと立っている足和田山は標高1355メートル。富士河口湖、鳴沢の2町村にまたがる。紅葉台、三湖台からは、富士山の中腹からなだらかに広がる樹木の海が見渡せる。

 上空から見ると巨大な前方後円墳のようなこの山は、富士山の溶岩流の防波堤のよう。864(貞観6)年、側火山の長尾山が噴火した。溶岩の流れは次々とブナなどの大原始林をのみ込み、焼き尽くして足和田山にまで達した。

 「甲斐国志」は山全体をダンノ山、壇ノ山と表記。ピークを雨乞山、足和田山などとしている。愛鷹(足高)山、足柄山とあわせて富士の三足ともいう。山の東側に行者屋敷と呼ばれる場所があり、山岳信仰の名残をとどめている。
富士山NET−足和田山
足和田山


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。