木の間ごしに相模湾望む

木の間ごしに相模湾望む
 山梨県の都留市と道志村の境にある今倉山は標高1470メートル。御正体山から北東に延びる長い尾根の鞍部は、古くから道坂峠と呼ばれる。都留市と道志村を結ぶ峠道で、今はトンネルが開いている。尾根はここから北に向けて高度を上げ、今倉山となる。東峰と西峰の双耳峰で、東峰に三角点がある。

 「甲斐国志」に出てくるナイダイ山とみられ、北の山麓戸沢ではゴゼリ山(御座入山)と言っていた。登山者が沢の名前をとって今倉山と呼ぶようになったのは、昭和10年代といわれる。

 登山道入り口は、峠の下にある道坂トンネルの両側。山頂までの標高差は約500メートル。急登を経て尾根に出たら、御正体山とは反対の北へ行く。コースが尾根の右側から稜線通しになると、左手が背の低い植林地となり、振り返ると御正体山の上に富士山が姿を現す。木の間ごしに相模湾も見える。
富士山NET−今倉山
今倉山


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。