「山梨百名山」を1冊の手帳に

「山梨百名山」を1冊の手帳に
 山梨県は世界文化遺産登録の富士山をはじめ、ユネスコエコパークに登録された南アルプス、八ケ岳など高山・名山が多い。これらの山々の中から、古里の自然、文化、歴史の豊かさ再発見を目的に1997年2月に県が選定した「山梨百名山」を1冊の手帳にまとめた。2014年8月8日(やまなし山の日)に公益社団法人やまなし観光推進機構が「山梨百名山手帳」として発行。

 手帳は、登山者が「山梨百名山登頂証明書」を申請する際の資料として、登頂記録を記帳してもらうことを目的としている。安全登山のための注意事項、百名山マップ、百名山登頂チェックリストのほか、各百名山の紹介と登山時の日程や天候、メンバーや感想を記す登山メモ欄などが記載されている。

 2015年8月には、主要な登山ルートを難易度別で分けたランク付け(グレーディング)情報を加えて再発行。百名山の各紹介ページに主要ルートのランクを表示。冊子を見て体力や技能に合った山を選ぶツールとし、続発する山岳遭難の防止にもつなげる。またインターネットで登山計画書などを提出できるウェブサイト「山と自然ネットワーク『コンパス』」の利用を促すページも加えた。

 登頂山数が「10山」「25山」「50山」「75山」「100山」にそれぞれ達した際、このメモ欄の写しと申請書、および記念状(証明書)に使用するいずれかの山頂で撮影した写真1枚または写真データ1件を提出すれば、登頂証明書を受け取ることができる。証明書の発行期間は2017年3月31日まで。

 手帳はオールカラーA6判。県庁別館のやまなし観光推進機構や各市町村などで無料配布される。また、やまなし観光推進機構では郵送での申し込みも受け付ける。いずれも在庫がなくなり次第終了。さらに「富士の国やまなし観光ネット」のホームページからPDF版がダウンロードできる。

 問い合わせはやまなし観光推進機構、電話055(231)2722。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。