明治の文人が名付けた渓谷

明治の文人が名付けた渓谷

 「蒼竜峡」は、山梨県都留市十日市場の蒼竜峡団地から富士急行線十日市場駅にかけての約1.2キロの桂川渓谷を指す。

 桂川の激流により、両岸の溶岩が浸食され、まるで魚のうろこのような岩肌になっており、岩と岩の間を水が流れる様子が竜を思わせる。その見事な景観は迫力満点。

 明治、大正、昭和時代にかけて歴史家やジャーナリストとして活躍した徳富蘇峰が名付けたとされる。

 地質学上からも貴重。1990年に市が名勝に指定。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。