都留市と松尾芭蕉

都留市と松尾芭蕉
 松尾芭蕉は1682(天和2)年の江戸の大火で芭蕉庵を焼け出され、門人の一人で谷村城家老・高山伝右衛門=俳号麋塒(びじ)=を頼って、約半年間山梨県都留市に滞在したとされる。

 市内には現在芭蕉の句碑が多く、東漸寺、円通院、県富士女性センター、城南公園、楽山公園、田原の滝、宝鐘寺などに設けられている。

 また芭蕉は都留滞在以降、他界するまでの12年間、旅を頻繁に続けるようになったという。

 市は「俳句のまち」づくりを進め、その一環として1994年から「都留市ふれあい全国俳句大会」を開いている。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。