富士の麓のカラマツ林に囲まれたスポーツ公園

富士の麓のカラマツ林に囲まれたスポーツ公園

 富士山の麓、カラマツ林に囲まれた中にある山梨県富士河口湖町小立の「くぬぎ平スポーツ公園」。標高1100メートル付近に位置し、富士山をバックに夏でも涼しい環境でスポーツが楽しめるのが特徴。

 メーン施設で1995年に完成したサッカー場は、全面天然芝、収容人数1万5000人。2002年サッカーW杯でカメルーンチームがキャンプ地として活用したことで全国的に有名になった。

 サッカー場の完成に先立ち、1983年に完成した運動場ではサッカーのほか、野球、ソフトボールなども行われる。サッカー場の南側にはサッカーサブグラウンド(2004年完成)もある。

 2014年には、サッカー・スペインリーグの強豪クラブ「レアルマドリード」が、青少年の育成や教育を目的に設立したレアルマドリード財団の日本支部による、小中学生を対象にした「チャレンジキャンプ」が開かれた。

 2017年8月には、日本オリンピック協会(JOC)が東京五輪に向け競技力向上を狙い、富士吉田市の富士北麓公園陸上競技場・球技場とともに「JOC認定競技別強化センター(ラグビー)」に指定。また、2019年のラグビーW杯日本大会で、フランス代表が富士吉田市と富士河口湖町を拠点に事前合宿することで合意。くぬぎ平スポーツ公園などを練習拠点とする。

 約18.4ヘクタールの敷地内で、1982年から整備、2000年には都市公園の指定を受けた。中央道河口湖IC、東富士五湖道路富士吉田ICから鳴沢方面へ車で約10分。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。