大石いも

大石いも

 山梨県富士河口湖町大石地区で栽培されている大和芋。富士山の恵みを受けて育つ“富士山やさい”の代表格のひとつ。

 同地区は富士山の火山灰と御坂山系の肥沃な土が混じり、2〜3メートル掘っても石が出てこないので根菜作りに最適の地。昔から冬になると山から自然薯を掘り出してきて庭先に植え、滋養強壮剤にしていたのが発端で、昭和40年代から特産品として栽培を開始。


 濃厚な味と強い粘りが特徴。2年の歳月をかけて栽培されている。
 
 汁物に入れても容易に崩れないことから、とろろそばに重宝されている。すりおろす以外にも、芋をバターで軽く焼いてしょうゆで食べるのもおすすめ。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。