道志村を象徴する清流

道志村を象徴する清流
 山梨県の道志村を象徴する、清流として知られる道志川。山中湖の東北端、村南西部の山伏峠が水源。東北端の神奈川県境まで21.8キロ。標高差は1190メートルから350メートルと840メートルもあり、下流では道志渓谷の景観美を見せながら津久井湖に注いでいる。

 春から秋にかけてはアユ、ヤマメなどを追う釣り人や、ハイカー、清流沿いでキャンプを楽しむ人々でにぎわう。また村内では清流を活用して、クレソンやワサビ栽培などが行われている。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。