夏富士の幕開けと安全を祈願

夏富士の幕開けと安全を祈願

 7月1日に山開きを迎える富士山(山梨県側)では、6月30日に「富士山開山前夜祭」が、7月1日に「富士山開山祭」が麓の富士吉田市内で行われる。前夜祭や開山祭は、富士山を信仰の対象とする富士講、富士講を受け入れるための宿坊である御師など富士山とともに生活してきた人にとって古くから夏の到来を告げる重要な行事であり、

 前夜祭は、富士講信者をはじめとする参加者が富士急行線富士山駅近くの金鳥居市民公園から北口本宮冨士浅間神社まで(約2キロ)を歩く「富士講パレード」から始まる。到着後、神社で1〜6月の厄除けをする「夏越大祓(なごしおおはらえ)」や参加者による茅の輪(ちのわ)くぐりなどの神事を行い登山の安全を祈願する。そしてクライマックスの「お道開き」の儀式=写真=では関係者が見守る中、日本神話に登場する手刀男命(たぢからおのみこと)が、本殿西にある吉田口登山道の起点「登山門」のしめ縄を木づちで断ち、夏富士への道が開かれる。開山祭は翌7月1日に同神社で神事が行われる。

 なお、5合目の小御嶽神社でも7月1日に開山祭が行われる。神社に祭られている大天狗によるお道開きの儀式や富士講の儀式「お焚き上げ」が行われ、神事の後、富士山形みこしや、明神形みこしが同神社から繰り出し、5合目ロータリーなどを練り歩く。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。